モーターから異音がする

モーター 電動機 音 診断 聴診 聴音

 軸受の回転時の音は、聴診棒(聴音器)を電動機の軸受部に当て音の大きさや音質を調べます。

参考のため、記載しますがその判断は難しく豊富な経験が必要となります。
 
音を文字で表現するのは困難で、個人の感覚の差もあるため、必ずしも適切とは言えませんが、軸受の典型的な異常な音の
特徴とその関係要因を示します。


音の表現 特徴 関係要因
ザー
ジャー
ジー
回転速度の変化で音質が変わらない(ゴミ)
回転速度の変化で音質が変わる(きず)
●ゴミ
●軌道面、玉、ころの表面が荒れている
●軌道面、玉、ころ表面のきず
シャー 小型軸受 ●軌道面、玉、ころ表面の荒れ
シャ シャ 断続的で規則的に発生する ●ラビリンス部などの接触
●保持器とシールの接触
ウーウー
ゴーゴー
(うなり音)
回転速度の変化で大きさ、高さが変わる。特定の回転速度で音が大きい。
大きくなったり小さくなったりする。サイレン、笛の音に近いときがある
●共振、はめあい不良
(軸の形状不良)
●軌道輪の変形
●軌道面、玉、ころのびびり
(大型軸受の場合は軽度の音であれば正常)
ゴリ ゴリ
コリ コリ
手動で回転させたときの感触 ●軌道面のきず(規則的)
●玉、ころのきず(不規則)
●ごみ、軌道輪の変形
(部分的に負のすきま)
ゴロ ゴロ
コロ コロ
…大型軸受
…小型軸受  高速になると連続音
●軌道面、玉、ころ表面のきず
ウィーン ウィーン
ウー
電源を切った瞬間に止まる ●モーターの電磁音
チリッチリッ 不規則に発生(回転速度の変化では変わらない)
主に小型軸受
●ごみの混入
チャラチャラ
カラカラ
バタバタ
…円すいころ軸受
…大型軸受   規則的で高速では連続音
…小型軸受 
●保持器音で澄んだ音なら正常
●低温時ならグリス不適⇒柔らかいものが良い
●保持器ポケットの摩耗、潤滑不足、軸受荷重不足による運転
カチカチ
カチンカチン
カチャカチャ
低速で目立つ
高速では連続音
●保持器ポケット内の衝突音、潤滑不足、内部すきまを小さくするか予圧すると消える
●総ころの場合は、ころ同士の衝突音
カーンカーン
カンカン
金属的な大きな衝突音
低速の薄肉大型軸受(TTB)など
●転動体のはじける音
●軌道輪の変形
●キーのきしみ
キュルキュル
キュ キュ
ジャージャー
主に円筒ころ軸受で回転速度の変化により変わり、大きいときは金属音に聞こえる。
グリスを補給すると一時的に止まる
●潤滑剤(グリス)のちょう度過大
●ラジアル内部すきま過大
●潤滑剤不足
キー キー
ギー ギー
キーン キーン
金属間のかじる音
甲高い音
●ころ軸受のころとつば面のかじり
●内部すきま過小
●潤滑剤不足
ピチ ピチ 小型軸受で不規則に発生 ●グリス中の気泡の潰れる音
ビシビシ
ビンビン
不規則にでるきしみ音 ●はめあい部の滑り
●取り付け面のきしみ
●キーなどのきしみ

ベアリング破損ベアリング破損

 ベアリングからの異音をそのままにしておくと、破損するおそれがあります。
お気軽にお問い合わせ下さい。

異音でお困りのお客様は、下記のサービスをお勧めします。お気軽にお問い合わせください。

モーターオーバーホール




精密軸受診断 ベアリング診断









参考文献:NTN株式会社 ベアリングの健康管理
pp.4