ドライアイス洗浄


ドライアイス洗浄とは

ドライアイス洗浄

洗浄物の表面にドライアイスを吹き付けて洗浄します。







  • 圧縮空気を用い、ドライアイスペレットを噴射する。
  • ドライアイスが高速で母材(対象物)に衝突する。
  • ドライアイスの極度の低温(-78.9℃)による熱圧縮の効果により、付着物が急速に冷却され、割れやすくなる。
  • 剥離した付着物と母材との間にドライアイスが入り込んで急激に気化し、その体積が750倍へ膨張変化し、この体積変化により付着物が洗浄対象物より剥がれる。

 

ドライアイス洗浄のメリット

  • ドライアイスは硬度が低いため、対象物を破損させません
  • 装置や機械などを分解せずに洗浄が可能です。
  • 安全で衛生なクリーニングが可能です。

メーカー 米国 Cold Jet, LLC 製
名称 I3 MICRO CLEAN
型式 2AO169-G1-1

高圧洗浄と異なり、ドライアイス噴射部は濡れませんので、精密機械の洗浄(配電盤内部)や
自動車などのエンジンルーム、室内清掃も可能です。


エンジンルーム ドライアイス洗浄エンジンルーム清掃

      エンジンルーム噴射前              エンジンルーム噴射後


エアブローとドライアイス噴射の比較動画

 













      圧縮エアーのみ噴射               ドライアイス噴射


ドライアイス洗浄

※ドライアイス噴射が絶縁物へ与える影響を(国立大学法人)山口大学と合同で検証いたしました。
弊社では電動機内部の洗浄には使用しておりませんので、予めご了承ください。