電動機(モーター)整備・点検のポイント


電動機のことなら、私たちにお任せください。

 1946年に創業し、多くのお客様のご支持を頂きながら、今日まで歩んでまいりました。
長年の経験と高い技術力で ”より質の高いサービス” をこれからもご提供し続けます。

電動機整備 外観図電動機整備 工場内

 この節では電動機の劣化のメカニズムと傾向について記載していきます。


1-1 稼働年数と信頼性の傾向

 産業では多くの装置が設備され、そのほとんどが電動機によって駆動されています。
その数は25000台を超える例もあります。しかもその大多数は三相誘導電動機による駆動です。
なぜ三相誘導電動機が多く用いられているかは、構造が簡単かつ堅牢で、保守に手間がかからず長寿命という長所を有しているのが主な要因です。

しかし、電動機の適用や使用方法に誤りがあったり、点検・保守に欠陥があると寿命を縮めたり種々の故障を誘発してしまいます。

 図1-1は、某社における高圧および低圧三相誘導電動機 約6500台 についての故障状況(部位別)を調査した結果です。

電動機の部位別故障発生率

図1-1 部位別故障発生率   

調査対象電動機  
(1)出力 5.5kW以上
(2)台数 計 6481台
 高圧機   501台
 低圧機(かご型)   4644台
 低圧機(巻線型)   1336台

部位別の故障では、軸受、巻線部で75%を占めています。

以上の故障状況から保守上のポイントは巻線と軸受部にあり、
設置環境に適合した電動機した形式選定・環境の整備および
適正周期による点検・検査を実施することが必要です。

 

 

 

参考文献:山下 彊『電動機のメンテナンス』
サン印刷日本プラントメンテナンス協会
2pp



また、回転機の稼働年数と故障率の関係は過去の統計から、バスタブ曲線に沿うことがわかっており、図1-2に示します。


電動機の可動年数と故障率のグラフ

図1-2 回転機寿命曲線

 上記の曲線を考察すると

① 据付に関する軸受や振動での事故は初期故障的要素が強い
② 劣化的要因を含む偶発的故障や、寿命の期間は絶縁や環境が徐々に影響を与えている

 この事故を無くす、あるいは減らすには初期故障・偶発故障および寿命期にあっても、
そのときの劣化に合った各種診断技術を適用し、その結果に基づき適切な処置を講ずることで、
故障率を下げ大幅な延命化をはかることが可能となります。



電動機整備のお問い合わせ軸受ベアリング診断コイル絶縁診断