溶射加工・機械・溶接加工

機械加工 コミュテータ切削

 機械加工もお任せください












 電動機に機械的不具合が生じた場合でも、弊社の場合は機械工場を併設していますので、
フレキシブルに対応することが可能です。

 その加工技術は、0.001mm(1μm:1マイクロメートル)単位で施工します。
髪の毛が0.05mm~0.25mmなので、髪の毛よりも細い精度で施工しています。

当社は、機械加工(普通旋盤作業)の1級技能士が在籍しています。


アーク溶射加工とは

 「溶射」とは、コーティング材料を、電気やガスのエネルギーを用いて
溶融もしくは軟化させ、微粒子状にして加速し被覆対象物表面に照射させ、
皮膜を形成するコーティング技術です。

 溶射加工の中でも弊社が施工しているのは、アーク溶射加工です。
アーク溶射とは、2本のワイヤー状の溶射材料を電極としアーク放電させて、
溶融した金属を圧縮空気にて微細化し吹き付ける溶射法です。

 基材に与える温度は、250℃以下で基材の熱変形・歪み等の問題ありません。

溶射加工 野村工電社

 電動機整備の場合は主に、ブラケットや軸、シール当たり箇所の摩耗部を、
溶射加工をおこない、寸法を許容値内に加工いたします。


摩耗部のアンダーカット
摩耗量に応じて基材のアンダーカットをおこないます。
アンダーカットを行う事により、金属疲労部の除去及び
皮膜の密着性を高め、溶射皮膜の膜厚を均一にすることが可能です。
摩耗部のアンダーカット











溶射作業
基材の予熱後アンダーコート(下盛材)溶射します。
アンダーコート材下地に使用することにより密着力が約700kg/㎤になります。溶射作業














仕上げ工程
肉盛り後に、所定のベアリング公差に合わせ機械加工します。仕上げ工程

上地材料(トップコート)
EC-53L(SUS316L相当)
下地材料(アンダーコート)
AS-175(95Ni、5AIボンドアーク)
引張強さ 59kgf/m㎡
伸び 35%
主成分 Fe(鉄)、Cr(クロム)、Ni(ニッケル)、Mo(モリブデン)

 硬質材料での溶射をご希望の方は、ステンレス系 Fe-13Cr(13クロム)にて、
施工することも可能です。(耐摩耗性あり)

 


その他の施工事例

整流子・スリップリングの切削


スリップリング 切削スリップリング 切削

水切り部補修

水切り部補修後水切り部補修

 


軸の腐食部の肉盛加工・キー溝加工・修復

肉盛加工肉盛加工前 軸腐食

 軸が腐食しており、肉盛り加工をおこなった後に旋盤にて表面加工、
キー溝加工とスナップリング部の溝加工をおこないます。

肉盛加工後

軸端の振れ修正

・弊社では一般的なモーターの軸端の振れの許容値は、0.03mm以内とし、
それを超える場合には振れの修正をおこないます。

軸 振れ 修正軸 振れ 電動機 モーター
製品によっては、修正できない場合もございますので予めご了承ください。
修正方法は製品の状態によって異なります。その都度お問い合わせください。

溶接補修(腐食部補修)

端子箱やファンカバーなどの腐食箇所を溶接補修します。

端子箱 溶接補修端子箱 腐食

 

下図のように腐食箇所が広範囲にわたるものは、弊社機械工場にて製作致します。
(基本的にはSUS製にて製作致します。)


モーターカバー製作(SUS製)

腐食により欠損しているモーターの外観カバーを、正確に寸法検査・CAD図面を製図し、
当社機械工場内(機械加工課 製缶係)にて製作いたします。

モーターカバー損傷

   腐食によりモーターカバーが大きく損傷しています

モーターカバー製作

        モーターカバー製作後(SUS製)

        モーターカバー製作後(SUS製)


冷却ファンカバー製作(SUS製)

腐食等により損傷した冷却ファンカバーを製作します。

ファンカバー製作後ファンカバー 製作前

       冷却ファンカバー製作前                    冷却ファンカバー製作後

冷却ファンカバー製作

スリップリング製作

巻線型電動機のスリップリングを製作します。

スリップリング製作後スリップリング製作前

       スリップリング製作前                  スリップリング製作後     

ホルダーホルダー
製品によっては、製作・取り替えできない場合もございますので予めご了承ください。


ダイナミック バランス修正のことなら野村工電社