溶射加工・機械・溶接加工

機械加工 コミュテータ切削

機械加工もお任せください









 電動機に機械的不具合が生じた場合でも、弊社の場合は機械工場を併設していますので、
フレキシブルに対応することが可能です。

アーク溶射加工

 「溶射」とは、コーティング材料を、電気やガスのエネルギーを用いて
溶融もしくは軟化させ、微粒子状にして加速し被覆対象物表面に照射させ、
皮膜を形成するコーティング技術です。

 溶射加工の中でも弊社が施工しているのは、アーク溶射加工です。
アーク溶射とは、2本のワイヤー状の溶射材料を電極としアーク放電させて、
溶融した金属を圧縮空気にて微細化し吹き付ける溶射法です。

溶射加工 野村工電社

 電動機整備の場合は主に、ブラケットや軸、シール当たり箇所の摩耗がある場合は、溶射加工をおこない、寸法を許容値内に加工いたします。

上地材料(トップコート)
EC-53L(SUS316L相当)
下地材料(アンダーコート)
AS-175(95Ni、5AIボンドアーク)
引張強さ 59kgf/m㎡
伸び 35%
主成分 Fe(鉄)、Cr(クロム)、Ni(ニッケル)、Mo(モリブデン)

 

その他の施工事例

整流子・スリップリングの切削

スリップリング 切削スリップリング 切削

水切り部補修

 


軸端の振れ修正

・弊社では一般的なモーターの軸端の振れの許容値は、0.03mm以内とし、それを超える場合には
振れの修正をおこないます。

軸 振れ 修正軸 振れ 電動機 モーター
製品によっては、修正できない場合もございますので予めご了承ください。

溶接補修(腐食部補修)

端子箱やファンカバーなどの腐食箇所を溶接補修します。

端子箱 溶接補修端子箱 腐食

 

下図のように腐食箇所が広範囲にわたるものは、弊社機械工場にて製作致します。(SUS製)

ファンカバーなどの腐食箇所

その他金属加工

腐食等により、損傷したファンカバーを弊社工場内にて製作致します。

ファンカバー製作後ファンカバー 製作前

       ファンカバー製作前               ファンカバー製作後(SUS製)

モーターが古く、生産終了で供給不可となったスリップリングを製作致します。

スリップリング製作後スリップリング製作前

       スリップリング製作前                スリップリング製作後     

製品によっては、製作・取り替えできない場合もございますので予めご了承ください。


ダイナミック バランス修正のことなら野村工電社