真空乾燥設備

 

真空乾燥設備

従来の乾燥方法

電熱乾燥 従来の乾燥

 電動機洗浄後の乾燥は従来、電熱ヒーターを熱源とする
電熱乾燥炉により105℃~110℃に炉内温度を設定し、
洗浄後の電動機の乾燥工程に用いていました。

 

 

 

従来の乾燥方法 電動機

真空乾燥(減圧乾燥)方式(2017年より運用開始)

真空乾燥装置

 減圧環境下では、水分は100℃以下で沸騰することができます。
これにより、従来の乾燥方法では絶縁物に対して熱的負荷のかかる
高温まで炉内温度を上げなくとも、早く乾燥することが可能となります。

※対象物の温度は、35℃~65℃程度の範囲で設定しています。
状況によっては65℃以上に設定する場合もあります。




真空乾燥のメリット 電動機

なぜ真空にすれば、低い温度で沸騰するの







 

真空乾燥設備 制御プログラム Ver.2(自社製)

真空乾燥 モーター グラフ 参考

【真空乾燥時 各パラメータの時間的変化(見本)】


・予熱が完了すると自動で真空ポンプ作動
予め設定した温度まで炉内を予熱し、設定温度になると自動で真空ポンプが作動し、乾燥工程へと移行。
・炉内圧力を自在制御
設定した圧力まで炉内全体を減圧し、モーターを減圧乾燥(真空乾燥)します。
(蒸気圧により内部圧力が変動した場合も、自動で真空ポンプを作動させ一定の圧力を維持します)
・絶縁抵抗値をリアルタイムで計測します
真空乾燥工程においては、対象物の一定間隔で絶縁抵抗値を測定し、
回復状態を監視することができます。
一回の測定時間は50ms、出力電流は最大2mA、高速自動放電機能を備えております。
(予熱時は、絶縁物保護のため絶縁抵抗測定はおこないません)

仕様

炉内寸法 W1590×H1300×D2790
最大積載重量 6t
最高真空度 10Pa(Absolute value)
圧力制御方式 可変圧力制御(Variable Furnace Pressure Control)
設計炉内温度 常温~120℃
電気ヒーター 10kW×6台
操作方法 プログラマブル表示器(タッチパネル)